2014年1月30日 (木)

一月が過ぎていきます。

あっという間に一月が過ぎていきます。待てば海路の日和あり、昔の人は賢かった。人の心理見事に言い当てて妙。そんなこんな思いつつ毎日毎日待ちました。挑戦してみなければわからない、私たちの運動のこの先の見通しです。それに引き替え、拝原の公害調停申請人は驚くほどの人数になりました。勢いあるのはいいことです。産廃問題は勢いがすべてです、黙っていても迷惑被る心配すぐにはない場合はなおのことです。

あっ、思い出しました。ここに何か書くとすぐに裁判証拠として引用されてしまうのでした。お門ちがいも甚だしいのに悔しいことです。悪名高い秘密保護法適用したいくらいです。

1月の鍋からはみ出た懸案事項,海路の日和を選んで船出と行きたいものです。  Y

|

2014年1月19日 (日)

映画会成功裏に終わる

昨日は、ぶんぶん実行委員会が主催した「100.000万年後の安全」の自主映画会でした。もっともっと多くの人たちに見てほしかったから、先にご案内すべきでした。絶句、という感想文がありましたが、まさに絶句もショックもであり、私はその邪気のようにものに背中をつかまれて終わった時には体全体ががちがちになっていました。

アンケ-トの感想、今二人のスタッフが打ち込んでいます。ぶんぶん実行委員会のフェイスブックに載せて情報を共有することにしています。観るだけに終わらせてはいけないからです。

種をまく、駄目なことは駄目と言い続ける私たちはまだ少数派かもしれませんが、私たちはダメと言える人を増やすために種をまき続けます。

しらさぎ台中央の道路を相変わらず、大型中型のトラックが何かを積んで、ほろをかけて音高く通っていきます。道だから当然通る? 拝原工事はすでに矢板が打ち込まれている。これ気の遠くなる、想像できない100.000万年後と、目前の問題と、昨夜映画の後に集った人たちの間での新年会の会話。

掲載されたら、ぶんぶんのフェイスブックのぞいてみてください。徳島県廃棄物ネット関係では、今週はまたまた大きな展開が・・・・待っているはずです。   Y                           

|

2014年1月 9日 (木)

午年だから駆けるか?

巳年の昨年は、地道に地を這いました。と私は年賀状に描きました。今年は午年だから駆ける?何に向かって駆ける?昨晩は、廃棄物ネットの世話人会でした。工事現場、見ました。一面の田園風景のあまりの変わりように、目を覆いたくなりました。昔からの尊い春日神社の神様は、きっと呆れ果てているでしょう。

愚かな人間どもよ、今に見るがいい、災厄にまみれるぞ、そんな声が聞こえてくるようでした。ゴミの大山を掘り返して汚染の源を作り、隣にゴミ御殿として積み上げるだけなのですよ。

監視委員会を作ってお互いにきっちり監視しよう、それに向けての今回の動き当然です。私たちの取れる防御策はそれしかありません。最大何人の申請人?県の偉い方々、こんなになる前に、なぜに目がさめないのですか?

賽は投げられた、投げられても懲りなければ、何度でも投げるしかありません。私たちも、拝原も。2014年1月、不気味な月が過ぎていきます。そういえば今日明日明後日は恵比寿さんのお祭りです。にこにこ恵比須顔、いつかきっとね。       Y

|

2014年1月 4日 (土)

めでたさも・・・

「めでたさも 中くらいなり おらが春」 と書いたら「めでたさも どのくらいかな おらが春」と帰ってきました。一茶は信州小布施の出身です。私は長野市善光寺だから、すぐ隣です。苦労に苦労を重ねた一茶、その一茶が発する中くらいとは?ずいぶんと深い意味があるようです。そういえば折につけ、「中くれぇで行け」と聞かされたように記憶しています。

そして、今年は馬のように駆けることができるのか、駆ける馬の舵を取るのは私たちですから振り落されないように。廃棄物問題において、中くらいというのはないのです。駆けるしかないのです。

今日はすでに4日、今年は穏やかな3が日でした。昨日美馬のN氏が書いていました。初詣は3か所回ると願いが叶うのだそうです。だから彼は、新ごみ処分場隣になる春日神社をはじめ、地元の神社3か所を回ったそうです。私は1箇所、足りないなあ。

明日から活動始動です。昨晩、現課題を列挙してみましたら、とても中くらいでは済まないみたいです。        Y

|

2014年1月 2日 (木)

初夢

元日の夜に見る夢を初夢というのでしょうね。それならばもう見てしまったわけです。覚えていません。フロイトの本に、「夢判断」というのがあります。家人が求めたものですが、私はよく夢を見るので、その夢を分析してみたいと思ったことがかつてあり、゛ぜひ読んでみたいと思っていました。何しろフロイトは、「精神分析の方法を確立、精神の深層の無意識界に光を当て、人間の心理の源をさぐった」というのですから、興味津々。

でもやめましょう、お正月から。夢は夢、問題は現実です。夢なんかを分析してみても何も解決にはつながらないです。年賀状に今の心を述べる言葉を見つけることが大切です。

平成26年の初夢、一日遅れでいいから今晩見るよう願掛けで休みます。 そう言えば、拝原は年末に大きな進展?があった由、運動を進める上でのお話です。  Y

|

2014年1月 1日 (水)

平成26年元旦

東の空に平成26年の初日が茜色に空を染めて上がりました。私が見たときには、すでに山際を離れていましたが、きらびやかな初日の出でした。雲がちの元日でしたから、そのあとはすぐに姿を消したのですが・・・・。暮れからてんてこ舞いの日々でした。公私取り混ぜて、目の回る忙しさでしたから、ブログ登場できなかったです。

いよいよ今年、そうです今年になったのです。初詣に出かけ、チャリンと一つの賽銭を投げ入れ、祈ることの多さよ。次の人が並んで待つのも気にかけず、次から次へと祈ります。神様困っているだろうなぁ、知らんよそんなこと、自分でどうにかするがいい!という声が聞こえてきそうです。

為政者は何を考えているのでしょう。私の年代は、つい最近までの昭和史と今の平成史を知っていますから、時代は繰り返すという不気味な言葉の重さがわかります。繰り返さないために動こうとすれば大変です。気づかぬふりのできない私たちは、ほんとに大変です。

もちろん、産廃問題に限りません。元旦に立てた「計」叶いますように、頑張ることにいたしましょう。    Y

|

2013年12月24日 (火)

一石を投じる

今年もあと数日になりました。今日は朝から大掃除・・・・ではなくて、朝から弁護士先生と送受信を繰り返していました。何してるんだろうね、この大変な時期に。でも、これも他人のためではなくて、自分たちが始めたことだから、やっぱり自分のためなので得心です。掃除はいつでもできるけれど、環境のための活動は時を限るものですからね。

明日は晴れの予報です。新しい年には、まずは晴れが訪れますように。朝のテレビ小説が毎日歌っています、「雨のち晴れるや!」と。大変気に入った言葉です。     Y

|

2013年12月20日 (金)

再びその日が来るか

これまで、この欄に記事を書くために、さまざまの記事分類項目を作りました。金太郎飴という表現よろしく、どれも共通するテ-マです。この欄は、悪用?される、された過去もありますし、秘密保護法みたいにべ-ㇽをかけざるを得ないです。ここの処分場問題は、不気味に広くて深くて私たちのような「善人」には正直手の付けようがないのです。お化け処分場です。お化けの正体をはっきりさせるた目に、何をしたらいい?とそれを模索中。    Y

|

2013年12月19日 (木)

暮れ近く

一生懸命にブログ発信をしていた記録がここにあります。果たしていつまで続くのでしょうか。当処分場問題、責任者の所在が皆目分からないのですから、的が絞れない。問題に気づいて、動き出してしまったものが責任を取れ、みたいな構図になっています。園瀬の会は、まあぼちぼちやるしかないよと続けていきますが、10年といえば、世の中の様子も変わり、それも思い切りよくない方に変わり、ほんとにやりにくいですね。

今進めている方針にも議論百出、それは真剣に考えている証拠ですからいい傾向ですが、議論の結果、誰かが「もうヤ-メタ」と言ってきても、はねのける強さがいりますね。

2年越しになった宿題早く仕上げて、おせちの算段にかからなくては。主婦失格はいただけませんから。といいつつ、今夜は生物多様性関連のシンポジウムです。    Y

 

|

2013年12月16日 (月)

傍聴しました。

傍聴席はいっぱいになりました。もっと詰めてください!押しくらまんじゅう、嬉しい悲鳴です。弁護席にそれぞれ4人ずつ、裁判官が3人。原告側が準備した書面は一つは16ぺ-ジ、一つは56ぺ-ジに上ります。この計画がいかにずさんで、いかに無駄な公金支出に当たるのかが、私たちにもわかるようにるる述べられています。

今からでも遅くはないのです、即刻中止の決断が迫られているのだと思います。書面を読んで改めての感想です。いたるところでまたまたずさんな事業が始まっています。

思います。こうして今から始まる事業でなくて、私たちのところのように、何食わぬ顔の処分場はどのように解決していくのでしょう。「被害が出るまで待て!」この考え方はどうしても納得できません。黙っていません、覚悟の程を!       Y

|

«